総量規制は貸金業法

銀行で借りれば全て総量規制対象外

貸金業法改正で生まれた総量規制もだいぶ周知されてきているてので、住宅ローンや自動車ローン、教育ローンといった借り入れは、年収の3分の1までしか借入できないという総量規制の金額に含まれない事は良く知られるようになりました。

 

貸金業法に縛られるのは、銀行以外のところ、つまり消費者金融や、信販会社などのキャッシングになります。

 

つまり消費者金融と同じ性質の貸付、使途目的の定めのないフリーローンであっても、銀行から融資を受けたものは総量規制の対象にはなりません。

 

銀行には銀行法があり、これに基づいていますので、ノンバンクの規制である貸金業法には縛られないからです。

 

総量規制は貸金業法の中にあるものなので、銀行の融資はこの規制を受けないのです。

 

ただし、銀行独自に自主規制をしていますので、総量規制と同じような制限を設けている銀行もあります。

クレジットカードの分割も総量規制対象外?

クレジットカードに附帯するキャッシングでの出金は総量規制の対象になりますが、商品を購入して分割払いする場合は貸し金業法の総量規制の対象とはなりません

 

これは、分割払いは、割賦販売法という法律の対象となり、貸金業法の規制を受けないからです。しかし、月賦販売法も改正されたので、ショッピング枠は別の総量規制がかかります。

 

割賦販売法の総量規制はやや異なり、(年収-生活維持費)×0.9=「包括支払可能見込額」というものになります。これにょってすべてのクレジットカードの利用金額の合計(一括払いを除く)が、その支払可能見込額を超えないようにするのです。

 

そらにこれは、2回の分割、ボーナスでの一括も含まれますので、ショッピング枠の総量規制も以前よりずっと厳しくなっています。

銀行のカードローン

つまりは銀行のカードローンであれば総量規制の対象とはならないので、同じ個人向けの融資であっても年収の3分の一までという枠はありません。

 

ただもちろんだからといって、審査がありますから、返済能力が不足している人がカードローンを持ちやすくなるわけではないのです。

 

銀行のカードローンでありながら、大手のキャッシング会社のように審査が早く無利息期間があり、使い勝手も同じようなものといえば、新生銀行のカードローンレイクです。

 

もともとキャッシング会社だったレイクを、新生銀行が吸収したので、レイクという名前を残していますが、実際は新生銀行の商品サービスなので貸金業法に縛られません。

 

メリットはあるのか

総量規制では、1社からの借入限度額が50万円を超える場合と複数の貸金業者からの借入総額が100万円を超える場合には年収を証明する書類を提出しなければなりません。

 

実際に問題なくても、いちいち年収を証明する書類を手出するのってめんどうですよね。

 

法律で規制されていなければ、十分収入があるとわかっている人には、出してもらわないですむわけです。

 

 

総量規制とはなんだろう関連ページ

休日可能銀行カードローン
総量規制のかからない銀行のカードローンでも土日休日審査、融資をしてくれるところを紹介しています。
審査を早くするには
急いで借りたい時に、早く審査を完了させないと、即日融資が困難になってしまいます。早く審査を完了させるコツをまとめてみました。
無利息融資
無利息で融資を受けられる期間を上手に利用すると、高い金利のキャッシングでも低金利で利用することができます。
月の返済額で比較
大手のキャッシング業者で借りた場合の月々の返済額で比較してみました。
自営業者のカードローン
自営業者が事業資金にも使えるカードローンはあるのでしょうか?調べてみるといくつかはありました。
借換えで返済しやすくしよう
土日休日に急いで借りた後、直ぐに返済できない場合は、より金利の低いものに借換えるといいでしょう。
借入審査に落ちないための確認事項
カードローンやキャッシング、融資の申込の審査で落ちないように確認しておきたいことをまとめています。
返済手数料
返済する時のことを考えて、返済手数料について比較してみました。借りる時だけでなく返す時のことも考えておかないといけません。
ネットバンクを開設しておくと便利
金融機関が休みの日でも使えるネットバンクの口座を作っておくととても便利です。
どんなに緊急でも闇金でお金を借りてはいけない理由
土日休日、急にお金が必要になった時でも、信用できるキャッシング業者に借りるようにしましょう。

電話確認なし申込可能 無利息融資 審査を早くする方法 月の返済額で比較 自営業者のカードローン