借入の審査前に確認しておきたいことをまとめています。

融資の審査基準、判断基準となるもの

融資の申込をする前に、どんな事が審査の時の評価になるのか知っておいて損はないでしょう。審査の項目や情報が同じものを使うとしても、各社どの項目をどのように点数化するかはそれぞれ独自の基準があるので、項目になってはA社では評価が高く、B社では評価が低くなるなどはあるはずですが、融資審査の資料とする項目自体はさほど変わらないはずです。
他社の借入件数と金額

他社に借り入れがあれば、当然審査が厳しくなります。金額が大きくなればなるほど審査に通りにくくなるてのは当然ですが、総量規制対象外のカードローンであっても総量規制を超えていてれば審査は厳しくなります。また同じ借入でも数多くの業者で少しずつ借りている場合と、1社でまとめてかりている場合では、借入件数が多いほど評価は低くなります。一社からたくさん借りられるというのはそれだけ信用度があるという事だからで、逆に3社も、4社もノンバンクから借り入れていると、たとえ金額が少なくても評価は低くなるでしょう。

勤続年数

やはり、勤続年数は長いほど評価が増します。それは契約社員でも、アルバイト、パートでも同様です。正社員でも1年未満であれば評価は低いですし、契約社員でも2年、3年継続勤務していれば評価があがります。
もし、転職などを控えているようだったら、転職する前にカードローンやクレジットカードは申込みしておいた方がいいでしょう。

借家か持ち家か

申込時にはまずほとんど借家住まいか、持ち家自己所有、家族所有などの項目があります。自己所有が資産があるということで、一番評価が高くなりますが、同時に住宅ローンの支払い残高が多ければ、債務の評価になりますので、逆に借家住まいよりも評価が下がります。家族所有の場合は、家賃やローンの支出が無い分、不可分所得が多いことになりますので、評価につながる場合もあります。ただし催促時のことを考えると、賃貸や家族所有より持ち家である方が簡単には引越ししないので、賃貸よりも貸しては安心という評価もあります。

居住年数

居住年数は、どのていどそこに長く暮らしているかという住居の安定度合いを確認するためのものです。また賃貸などてで数か月しか居住していなければ、住所を転々としているのではないかと思われる可能性もあります。返済の催促をしなければならなくなったときに、居住地が不明になっていると困りますからね。また住宅ローンを組んでいる場合、あとどのぐらいの年数が残っているのか想像するのに役立ちます。居住年数が長ければ残債は少ないと想像できますし、そうそう居住地不明になるとは予測しづらく票が高くなりますよね。

加入保険から判断されること

加入保険は本人確認のためと思われている方もいると思いますが、実は保険は本人確認以外にも情報が取れるツールです。種類としては共済保険・組合保険・社会保険・国民健康保険になりますが、共済保険であれば、公務員として安定していますし、組合保険もリストラなどはのリスクが低くなります。国民年金は自営業やフリーター、無職でももてますから、一番評価が低い事になります。
また社会保険であれば取得年月日などをみれば、勤続年数が分かります。勤続年数を偽ると、ここでばれてしまう可能性もあるわけですから、勤続年数は正しく記入しないと信用を失う事になりかねませんから注意しましょう。故意でなくてもサバを読んだとみられないように、自分でよく勤続年数は確認して申込ましょう。

在籍確認

安定した収入があるかどうかの判断として、勤務状態が本当かどうか、会社などに申込者本人がいるかどうかの確認をすることはほぼ絶対的に必要されることになります。一部ノンバンクなどでは、会社発行の書類だけで、在籍確認の代わりにしてくれるところもありますが、そのような例外はあまり期待しない方がいいでしょう。これは契約社員でも、アルバイトでも同様です。
電話によって在籍確認されますから、実際に地震が勤務している営業所の所在地や連絡先を正しく申込時に書きましょう。故意でなくとも間違っていて在籍確認がとれなかったら当分申込できなくなる可能性があります。
また会社が休日の日は在籍確認がとれないので、即日融資可能の所に申込しても、在籍確認が取れず、翌日以降の審査になることになるので、注意しておきましょう。

申込頻度が高いと疑われる

融資の申込をしただけで、実際には契約に至らなくても、信用機関にカードローンなどの申込をした情報が記録されます。審査に落ちた場合も、途中でキャンセルした場合も同様です。この記録は6ヶ月残るとされていますから、短期間に3つも4つも申込をしていると、貸す方の評価としては当然低くなります。いわゆる申込ブラック等と表現することもあります。

借入審査に落ちないための確認事項関連ページ

休日可能銀行カードローン
総量規制のかからない銀行のカードローンでも土日休日審査、融資をしてくれるところを紹介しています。
審査を早くするには
急いで借りたい時に、早く審査を完了させないと、即日融資が困難になってしまいます。早く審査を完了させるコツをまとめてみました。
無利息融資
無利息で融資を受けられる期間を上手に利用すると、高い金利のキャッシングでも低金利で利用することができます。
総量規制対象外
同じフリーローンでも総量規制の対象となる場合と層でない場合があるので注意しましょう。
月の返済額で比較
大手のキャッシング業者で借りた場合の月々の返済額で比較してみました。
自営業者のカードローン
自営業者が事業資金にも使えるカードローンはあるのでしょうか?調べてみるといくつかはありました。
借換えで返済しやすくしよう
土日休日に急いで借りた後、直ぐに返済できない場合は、より金利の低いものに借換えるといいでしょう。
返済手数料
返済する時のことを考えて、返済手数料について比較してみました。借りる時だけでなく返す時のことも考えておかないといけません。
ネットバンクを開設しておくと便利
金融機関が休みの日でも使えるネットバンクの口座を作っておくととても便利です。

電話確認なし申込可能 無利息融資 総量規制対象外 審査を早くする方法 月の返済額で比較 自営業者のカードローン