月の最低返済額で返済のしやすさを比較してみた

最低返済額は貸金業者によって異なる

同じ金額を借りた場合、金利が低いほど、返済はし易いわけですが・・・月にいくらずつ返済するかという点は、単純に金利だけ度は比較しずらいものです。

月の返済額が少なければ、期間は長くなりますが、月々は楽になるわけですから、最低返済額というものを比較しておくことも重要ではないかと思います。
ということで、大手のキャッシング業者の最低返済額を比較てみました。

50万円を借りた場合の月々の最低返済額

商品 回数 支払額 金利
レイク 65回(5万円まで180日間無利息) 12,000円 18.0%
レイク 64回(30日間無利息) 13,000円 18.0%
プロミス 58回(5年以内) 13,000円 17.8%
プロミス 80回(最長) 10,716円 17.8%
モビット 58回 13,000円 18.0%
モビット 53回 13,000円 15.0%
アコム 47回 15,000円 18.0%
アコム 44回 14,842円 15.0%

アコムは、最低返済額に、借入金額の3.0%という定めがあるために47回なので月の返済額は高くなります。
レイクは5万円まで180日間無利息を利用したほうが、返済を長くすることができるため月の返済が行くが減ります。
プロミスも30日間無利息(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)を使うと月の返済額が少し減るかもしれません。

支払回数が最長80回のプロミスが一番月の返済額が少なくなりますが・・・80回はさすがに長いですよね。
また、審査内容によって80回が誰でも使えるのかどうかはわかりません。

30万円を借りた場合の月々の最低返済額

商品 回数 支払額 金利
レイク 67回(5万円まで180日間無利息) 7,000円 18.0%
レイク 67回(30日間無利息) 7,000円 18.0%
プロミス 60回(5年以内) 7,585円 17.8%
プロミス 80回(最長) 6,429円 17.8%
モビット 34回 11,000円 15.0%
モビット 36回 11,000円 18.0%
アコム 47回 8,941円 18.0%
アコム 44回 8,905円 15.0%

モビットは30万円以内の場合、最高の金利を選択しても最長36回迄しか選べないようで、月の返済額が他の比べて高くなってしまっています。
プロミスはやはり80回(6年)にすると支払額がとても楽になりますが30万円で6年に出来るかどうかは分かりません。

これらは、各キャッシング業者のシュミレーションで計算してみたものです。
最後の月は端数で少なくなる場合もあります。

月の返済額で比較関連ページ

休日可能銀行カードローン
総量規制のかからない銀行のカードローンでも土日休日審査、融資をしてくれるところを紹介しています。
審査を早くするには
急いで借りたい時に、早く審査を完了させないと、即日融資が困難になってしまいます。早く審査を完了させるコツをまとめてみました。
無利息融資
無利息で融資を受けられる期間を上手に利用すると、高い金利のキャッシングでも低金利で利用することができます。
総量規制対象外
同じフリーローンでも総量規制の対象となる場合と層でない場合があるので注意しましょう。
自営業者のカードローン
自営業者が事業資金にも使えるカードローンはあるのでしょうか?調べてみるといくつかはありました。
借換えで返済しやすくしよう
土日休日に急いで借りた後、直ぐに返済できない場合は、より金利の低いものに借換えるといいでしょう。
借入審査に落ちないための確認事項
カードローンやキャッシング、融資の申込の審査で落ちないように確認しておきたいことをまとめています。
返済手数料
返済する時のことを考えて、返済手数料について比較してみました。借りる時だけでなく返す時のことも考えておかないといけません。
ネットバンクを開設しておくと便利
金融機関が休みの日でも使えるネットバンクの口座を作っておくととても便利です。

電話確認なし申込可能 無利息融資 総量規制対象外 審査を早くする方法 月の返済額で比較 自営業者のカードローン